理由に着目する

過去に起きた問題

品川美容外科に対して過去に起きた訴訟は、ひとつは脂肪吸引における死亡事故に対する訴訟、もうひとつはリフトアップ施術の結果が意図しない失敗になったという事故への訴訟です。
これらの訴訟が起きた原因に着目していくと、事故が起きた当時の問題点と、現在の消費者の美容整形外科に対する考え方の問題点が浮き彫りになっていきます。そして、前提条件として、品川美容外科は利用者に不利益を与えるつもりはないということも、状況の理解には欠かせません。

過去の未熟さ

品川美容外科が提供していた脂肪吸引についての死亡事故に対する訴訟は、すでに数年前の問題です。この数年間で脂肪吸引の技術は更に成長した他、品川美容外科としても新たな訴訟問題を生まぬべく、問題を解決するために精進してきているのは想像に難くありません。事実、この訴訟以降脂肪吸引による致命的な問題は発覚していないことからも、品川美容外科は業務を改善して、更に良質なサービスを提供できるように成長したとわかります。
また、未熟さという観点で考えれば、利用者の考え方も未熟だったといえる部分があります。リフトアップ施術の訴訟においては、とても患者が施術に納得をした状態でサービスを受けたとは考えられないコメントが登場しています。美容整形は自由診療ですから、施術を受ける本人が心の底から納得していない限り、必要なものではありません。それを踏まえて考えると、品川美容外科のリフトアップに関する訴訟は、品川美容外科が悪かったというよりも、患者側に落ち度があったと見られる部分が非常に大きいです。
これらの点から、品川美容外科は訴訟を受けている事実があるとはいえ、十分納得して利用すれば何ら問題のない美容整形外科だということがわかります。